custom coins

当サイトについて

弁理士試験は「短答式筆記試験」、「論文式筆記試験」、「口述試験」の3つに分かれており、それをすべて合格したときに晴れて弁理士となることができます。 弁理士試験は、合格率が5~7%の難関試験ですから、何の『戦略、戦術』も持たずに勉強をしても、残念ながら 合格する確率は かなり厳しいと言わざるをえません。
そこで当サイトでは、「短答式筆記試験」、「論文式筆記試験」、「口述試験」に合格するためのポイントと具体的な勉強法をわかりやすく解説しています。 法律系の勉強は、一般の資格と違った勉強方法が必要になります。当サイトでは、その辺のテクニックについて詳しく解説しています。
当サイトが少しでも学習のお役に立てれば幸いです。


第1章 弁護士ってどんな仕事?
工業所有権の専門家 弁理士を理解するために欠かせない基礎知識や弁理士が関る工業所有権(特許権・実用新案権・商標権・意匠権)について解説しています。
具体的にはこんな仕事 工業所有権の出願から取得に関る一連の業務、知的財産に関連した法律・ビジネスコンサルティング、など弁理士の仕事を具体的に紹介しています。
女性も活躍する仕事 2008年の弁理士試験者574人中、女性合格者は97人、全体合格率6.8%に対して女性の合格率は8.7%であることなど、弁理士は女性が活躍できる仕事であることを解説しています。

第2章 弁理士試験について
弁理士試験はこんな内容 弁理士試験の概要や試験実施のスケジュールを解説しています。
弁理士試験の合格率 以前は合格率4%、20倍以上の難関だった弁理士試験ですが、2002年の試験制度改革により、合格率が6.9%へ上昇しました。
合格に必要な学習時間 合格に必要な学習時間を紹介しています。

第3章 勉強方法
法律の勉強にはテクニックが必要 法律系の勉強は、一般の資格と違った勉強方法が必要になります。ここでは、法律系の勉強に共通したテクニックを解説しています。
短答試験の勉強法 短答試験に合格するためのポイントと具体的な勉強法を解説しています。
論文試験の勉強法 論文試験に合格するためのポイントと具体的な勉強法を解説しています。
口述試験の勉強法 口述試験に合格するためのポイントと具体的な勉強法を解説しています。
独学か専門学校で勉強 独学と専門学校それぞれの勉強法の特徴を解説しています。

第4章 モチベーションの保ち方
目標と里程標をはっきりと モチベーションを上げる方法として「目標と里程標を持つ」について解説しています。
意欲を高める環境作り モチベーションを上げる方法として「・意欲を高める環境作り」について解説しています。
記憶力を増す効果的な勉強方法 モチベーションを上げる方法として「記憶力を増す効果的な勉強方法」について解説しています。

第5章 弁理士の魅力
一国一城の主も夢じゃない

弁理士事務所や弁護士事務所に就職して人脈を作れば、独立開業することも可能です。

ところで収入はどれくらい?

気になる弁理士の収入について解説しています。

専門性を身に付ければ仕事は安定

弁理士は、商標・意匠の専門弁理士など、1分野へ特化することで、より安定した仕事になります。

ニーズはますます上昇中

2002年12月に知的財産基本法が制定されるなど、政府が知的財産の保護育成について積極的な方針を持っていることから、弁理士のニーズは年々高まっています。

グローバルに活躍できる

外資系企業からの日本での特許出願の依頼や、日本企業が海外で特許出願する場合の代行業務など、国際的に活躍できるチャンスがあります。

目指せ独立開業

資格取得後、独立開業するための方法を具体的に解説しています。